バレーボールチームにおける陽性者への対応及び帰国について【報告】

第24回夏季デフリンピックブラジル大会において、日本選手団内で新型コロナ陽性者が発生し、男子チーム内でも陽性者が3名確認されました。
協会では日本選手団本部と連携してサポートと療養を行いました。
その後は体調の変動もなく、3名は5月30日に無事帰国したことを報告いたします。
関係者の皆様には大変ご心配をおかけしました。
今後とも理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人日本デフバレーボール協会
理事長 大川 裕二


前ページに戻る
ページの先頭へ