「指定強化選手・競技団体国内外強化活動費助成事業」に関する会計検査院からの指摘と調査委員会による報告について

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(以下、JPSA)が実施する「指定強化選手・競技団体国内外強化活動費助成事業」につきまして、一般社団法人日本デフバレーボール協会(以下、JDVA)に対し会計検査院による実施検査が行われ、JPSAよりJDVAへ平成23年度(2011年度)、平成24年度(2012年度)の助成金の一部の返金が命じられました。
 関係者の皆様には、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
 詳細につきましては、報告書に記載しております。
 
JDVAとしましては、今回の事態を真摯に受け止め、二度とこのようなことのないよう、ガバナンスを強化して実効性を高める複数の施策を始めております。再発防止に取り組み、信頼回復に努めて参ります。

一般社団法人日本デフバレーボール協会


前ページに戻る
ページの先頭へ